ターボリンク研究所は流体潤滑ベアリングに対する弛まない研究開発で高性能のベアリングを提供するために努力しています。

번호 연구개발 실적
1 高速ターボ圧縮機ベアリングの設計/ 製作の国産化 (600 HP, 900 HP, 1250 HP, 1500 HP, 2250 HP)
2 中小型タービン用の直接給油型 Equalizing Thrust Bearing 開発
3 高信頼性 Anti-Spraggingティルティングパッドジャーナリングベアリング開発
4 USC タービン用 Self-equalizing スラストベアリング開発
5 タービン及び回転子ベアリングシステム開発
6 300 HP 超高速ターボ圧縮機用ベアリング開発
7 500MW 標準火力高中圧タービン用 Tilting Pad Bearingの国産化開発研究
8 大容量垂直型 Combined ベアリングの開発
9 小水力水車発電機のスライディングベアリングの国産化
10 밀密閉型冷凍圧縮機用ベアリングシステムの設計
11 BFPT ジャーナル & スラストベアリングの設計及び製作の国産化
12 発電機 steady ベアリングの国産化
13 発電機 TE, CE ベアリングの国産化
14 復水ポンプ Up-thrust ベアリングの国産化
15 大容量推進電動機用ベアリングの開発
16 ターボ型高圧ガス圧縮機ベアリングの開発
17 海洋プラント用 Water injection システムベアリングの開発
18 20MW 以下級蒸気タービン用ジャーナル&スラストベアリングの開発
19 発電所タービン、発電機ベアリングの形状改善を通した問題点の解消